クセ毛を治す

クセ毛を治す方法

クセ毛でお悩みの方はおおいと思います。クセ毛を治す方法を紹介して行きます!

関連サイト

女性の育毛について

女性の育毛について説明します。

育毛シャンプーの知識

育毛シャンプーについて解説しています。

増毛 アートネイチャー

アートネイチャーの増毛法おマープを解説します。マープで自信を取り戻す。

2014/08/01 18:28:01 |
健康のオススメサイト中性脂肪にお悩みの方へ中性脂肪が高くてお悩みの方へ、対策を紹介します。葉酸の必要性http://www.guywritersonline.org/葉酸の必要性について掲載しています。痩身系サイトエステで痩せる方法http://www.holtto.com/エステサロンに行くと、一度は必ず本契約を勧められます。エステサロンも商売ですから、これは仕方がありませんよね
詳細を見る
2013/11/21 17:49:21 |
私はクセ毛のために、初めての美容室でヘアーカットをするときには「ブローではなくアイロンで伸ばして下さい」と言います。これは長年の経験上でわかったことなのですが、下手な人がクセ毛の人の髪の毛をブローをすると、時間ばかりかかってしまい全く収集がつかないことが多いからです。美容院ではカットはそれなりに経験がある人がしてくれますが、シャンプーやブローなどは新米の人がするのが普通です。そしてブローが終わるとカットをした人が来て、最後に整えてくれるのが普通です。これがわかるまでにはかなりの時間を要しました。なかなかブローが上手くいかないと、やってもらっている私のほうがイライラとしてきてしまい、最悪の時には...
詳細を見る
2013/11/21 17:49:21 |
強いクセ毛の人の多くは「縮毛矯正」をしている人も多くいます。私も以前は「縮毛矯正」をしていたのですが、「縮毛矯正」をすると妙に真っすぐになりすぎてしまい、とても不自然に見えるのが気になってしまうのです。そして「縮毛矯正」をしても3カ月後には癖がだんだん出てきてしまい、また「縮毛矯正」をしなくてはいけなくなります。また私は髪の毛に薬が浸透するのに時間がかかり、セミロングなのに4時間もの時間がかかってしまうのです。これもかなりの苦痛です。お尻は痛くなるし、肩は凝ってくるし、帰るころにはクタクタになります。これが嫌で仕方が無くて、今では「縮毛矯正」をしなくなりました。確かに「縮毛矯正」をしてしまえば...
詳細を見る
2013/11/21 17:49:21 |
クセ毛の人はシャンプー後のブローで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。私はクセ毛が強いですが「縮毛矯正」はしていません。でもある方法でスタイリングをすると、翌朝でもセットをしなくても大丈夫なのです。その方法を教えちゃいます。まずシャンプー後にタオルドライをします。水気はしっかりと取って下さいね。そして「洗い流さないタイプのトリートメントオイル」を適量手にとり、髪の毛全体に付けて下さい。次はドライヤーでしっかりと乾かします。この時に髪の毛よりも根元を乾かすようにドライヤーをかけましょう。そしてドライヤーでセットをするのではなく、ヘアーアイロンで丁寧にセットをします。セミロングの私で約30分か...
詳細を見る
2013/11/21 17:49:21 |
クセ毛の方でしたら、ストレート用のヘアーアイロンを持っていると思います。みなさんはどんなアイロンを使用していますか。クセ毛の人が使うアイロンの中で、最も重要なのは「アイロンの温度」です。市販されている「ストレートアイロン」の多くは、最高温度が180℃程度の物です。しかしクセ毛の強い髪の毛は、180℃では髪の毛をしっかりと真っすぐにすることができません。私が使用しているヘアーアイロンは最高温度が220℃のものです。ひと昔前は業務用のヘアーアイロンを使用していましたが、今はネットで同程度のアイロンを安く販売していますので、ネットで高温度のヘアーアイロンを買ったほうが良いでしょう。温度の低いヘアーア...
詳細を見る
2013/11/21 17:49:21 |
これはショートヘアーでもロングヘアーでも同じですが、髪の毛を無理にまっすぐに伸ばす必要はないと思います。例えば髪の毛を伸ばしていると、肩にかかるあたりになると、髪の毛を真っすぐにしても収集がつかないことがあります。私もショートかたセミロングに伸ばす時に、肩につくあたりの長さで四苦八苦しました。無理に伸ばしても朝起きると髪の毛が外に向いていたりするのです。そこで私はこれを逆手にとってみました。シャンプー後に真っすぐにするのではなく、毛先だけを軽く内側にアイロンで巻いてみたのです。そして朝起きてみると、ビックリするくらいに髪の毛がまとまっているのです。というか「自然な感じに髪の毛が流れていて、軽く...
詳細を見る
2013/11/21 17:49:21 |
髪の毛を無理に真っすぐにせず、毛先を巻く方法を伝授しましたが、この方法をしておくと更に良い点があることを発見しました。それはこの方法でセットをしておくと、髪の毛をアップにするときや、ちょっとアレンジをするときに、とても髪の毛が扱いやすくなります。美容院でアップヘアーにするときに、カーラーで髪の毛を巻いてからアップにしますよね。それと同じことなのです。髪の毛を軽く巻いてからアップにすると、毛先を散らす時にも自然に内側外側にはねさせることができます。これが真っすぐの髪の毛だと、どうしてもピンピンとはねてしまいます。またただ後ろで束ねる時にも、やぼったく見えずに無造作感が自然に出ます。これが「縮毛矯...
詳細を見る
2013/11/21 17:49:21 |
これは私が思っていることなので、全ての方がそうだというわけではないと思います。その思っていることとは「クセ毛の強い人は髪の毛が多い」「クセ毛の強い人は髪の毛が太い」と言うことです。私もクセ毛の上に髪の毛の量が多く太いのです。また私の友人の中にも、強いクセ毛で髪の毛の多い子が何人もいます。これは気のせいなのでしょうか。クセ毛ですと髪の毛が膨らんでしまいますから、どうしても髪の毛の量が多く見えてしまうこともあると思います。また「クセ毛」の人の髪の毛は、凸凹になっているために髪の毛が太く見えるのかもしれません。しかし「クセ毛」「髪の毛の量」「髪の毛が太い」は共通している気がしてならないのです。私は髪...
詳細を見る